システム入れ替え

先週の金曜日から日曜日にかけて社内で使用している基幹システムの入れ替えを行いました
システム完成までに約3年かかり今まで使用していたデータも問題なく確認が終わってからの作業でした
金曜の夜からシステム開発をお願いている会社に作業を行ってもらい日曜の昼までデータ生成に時間がかかりました
そして日曜日にシステムの稼働テスト、データの確認、サーバークーロンの確認など色々行っていきました

月曜からは実際にそのシステムを使用してもらい業務を開始すると10分ほどでシステムが起動しなくなるというトラブル
10時に開発した会社の人に来てもらい原因を調査すると基幹となっているTomcatへのシステム割り当てメモリが128Mしか振られていなかった
そんな状態で20人近くがアクセスしたもんだからそりゃ止まるよねってことになりメモリ割り当てを直してなんとか動くようになりました
それ以降も不具合とかでバタバタしながら過ごしていました

作業しててふと思ったのがなぜ受け入れる側の方がデータ調査したりサーバー設定したりと大変なことやってるんだろ
これが普通なのかな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です